TOKYO PUDDING 10th ANNIVERSARY
伊藤洋介(東京プリン)&中塚武




「TOKYO SOUNDSCAPES」
インタヴュー


 RELEASE
画像を見る
TOKYO SOUNDSCAPES
2007/11/7 4 発売
CDアルバム
\2,205(税込)


今年デビュー10周年を迎えた東京プリンが送る、新たな試みの一枚。今の「東京」を感じさせる音をテーマに、クラブ系トラックメイカーが曲を、広告業界のクリエイター達が歌詞を書き下ろした豪華コラボレーションによるアルバムだ。


 INTERVIEW
10周年を迎えた東京プリンのニュー・アルバムは、いつもと違うスペシャルな一枚! 今をときめくクラブ系トラックメーカー達が作曲を、そして広告業界のクリエイター達が作詞を手がけた豪華コラボレーションによる6曲+リミックスを収録。ずばり「東京」をテーマに据えた、お洒落でハイセンスなアルバムだ。その制作の裏側を、伊藤洋介と作曲に参加した中塚武の二人に語ってもらった。



ー今までにないテイストのアルバムですね。

伊藤:このアルバムは、今までと全く違う新しい試みをやろうということだったんでね。僕らが曲も歌詞も作ってないんで、当然、テイストは全然違いますね。

まったく違うテイストのアルバムを作ろうというアイディアは、どういうところから?

伊藤:僕は野球が好きで、去年と今年に、プライベートでNYにヤンキース対レッドソックスの試合を観に行ったんです。で、向こうの人たちといろいろ話した時に……NYの人って、NYに住んでいることをメチャクチャ誇りに思っているんですよ。その時に、東京の街って、アメリカの人たちからもすごく注目されているのに、東京の人で”東京が大好きなんだ!”って、声を大にして言うような人ってあんまりいないよねって話になったんですよ。で、考えてみると、僕らは"東京プリン"じゃないですか。"東京"ってついているんだから、"東京を音で現したらこうなりますよ"っていうようなものを、何か作ってみたいなと思ったんですね。

ーなるほど

伊藤:でも、もう44歳なので、今、若い人たちに東京の中でどういう音が受け入れられてて、どういう音が東京を象徴するような音なのか?っていうのが、いかせんわからない(笑)。だから、エイベックスのスタッフに”とにかく東京を音で表現している人たちを、6人連れてきてください”って頼んで。 で、せっかくだから、歌詞も僕の友達であるCMの業界のクリエイターの連中に頼もう、と。それで、このアルバムが出来たんです。

ー中塚さんは、このアルバムのために、どういうイメージの曲を作ろうと思いました?

中塚:トラックメーカーのメンバーは知っている人ばっかりだったんで、”コイツらが作らなさそうなのを、絶対作ろう”って思いましたね(笑)。かぶっちゃったら面白くないし。

ー曲が来た段階での伊藤さんの感想は?

伊藤:実はすごく面白い試みをしていて。6人の作詞陣には曲も何にも聴かせず、全員に”東京をイメージして、ポエムを作ってください”っていう宿題を出したんですね。だから、彼らは、どんな曲がくるのかもわからないわけ。 で、中塚君をはじめいろんな方が作ってくれた曲に、”この曲には、この歌詞がいいんじゃない?”っていうのを、僕があてはめていったんです。これがもう、奇跡的にハマったんですよ。

ー中塚さんは、自分の曲に詩と歌が乗ったのを聴いて、どんな印象でした?

中塚:びっくりしましたよ。歌声にも、詩にも、ちょっと"触ると危ない"みたいな、ざらついてて、尖ってる感じがあって。それがすごい嬉しくて。”あぁ、こうきたか”って。

ー今の東京を音と言葉で描写しようという試みが実現した、そこでの手応えは大きかった、と。

伊藤:それは、もうすごく大きい! 爆音で何回も聴いたんだけど、何回聴いてもよくて。みんなが集まってくれて、それぞれの持ち場で、ベストパフォーマンスを出してくれて。”これはよかったなあ!”って思いますね。

ーでは、最後に。アルバムの聴きどころを改めて一言ずつ、どうぞ。

伊藤:もう、すっごい自信作なので、聴いてください。絶対いいから!
中塚:最初から最後まで聴いて欲しい感じです。曲順が素晴らしいし、流れがあるんで。そうすると、すごく楽しめると思います。


BACK
上へ
下へ¥カート
ホーム
(c)avex